忍者ブログ
怪奇小話★異郷の空
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「力の再結合」8(∞)は、大地に生まれた全てのものは、再び大地に帰する再創造の数を示している。
外に向かう流れと内に向かう流れ(∨∧上下)を輪で繋ぐ、いってみれば、一周期の休息と始まりの点、0と0を繋ぐ時空の連続体を象徴した数字である。


1~7で獲得した機能や知恵を回収し、再び創造させて次へと進む力、すなわち原因と結果(7+1)を繰り返す螺旋運動の動力であるといえます。

大事なことは、このときに(再結合)、快楽を求める下界の誘惑に乗らないよう、また、心にしこりを残さないよう、たまっているすべての膿を出して浄化しなければなりません。
仏教の教えにみる「因果応報」は、過去・前世の行いの善悪に応じた総決算として与えられる必然的な結果を示しています。悪い習慣があれば、「七転び八起き」で改善する必要があります。

「千代に八千代」という言葉は、多くの年代を繰り返す万物の生命。いちいち数えることができないほど多い「やおよろずの神」の象徴です。

最後には何処へ吸収されていくかわからない、肉体(自然界の物体)の消滅は、抑えがたい衝動です。
ただ、ひとつだけ言えることは、死に際して人間の物質的な身体は、その源泉である元素に帰り、目に見えぬ神的人間は、故郷の第八天球へと上昇します。1の火(生命)に始まって8の火・冥王星(死~再生)に戻るということです。

しかしながら、再創造の前に冥界の王「ハデス」や月神「夜之食国よるのおすくに」の冥府によって、過去の行いが裁かれます。

答えがYes. Allであれば、常世の国や出雲の青海原とも呼ばれる波動界・霊界で、凛々しい気性(大和魂)を授かります。No.Nothingとでれば、根の国・黄泉国・暗黒の世界・死者の国へと転落する・・・。執着や執念です。詳しくはダンテ「神曲」と古事記をお読みください。(左下にリンク)

8では7つの「環」の全ての記憶・蓄積を取り払って帰依します。そうすると、魂は全ての幻影から解放されて光と融合します。※ヘルメスへの賛歌を歌います。

※魂の案内人「ヘルメス」は、人間の世界にあって知恵の種を蒔き、不死の水で育てる。ヘルメス=新陳代謝、神経、知恵



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
MAIA
性別:
非公開
職業:
エソテリック占星術研究家
趣味:
映画、読書、音楽、創作料理
自己紹介:
以前は音楽家でしたが、西洋占星術と出会って以来、はまっています。
米国占星術協会PMAFA
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(09/02)
(09/03)
(09/04)
(09/05)
(10/06)
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
カウンター
お天気情報
忍者ブログ [PR]