忍者ブログ
怪奇小話★異郷の空
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


翌朝、大家さんに電話をして今までの経緯を話した。
「あのアパートのベッドルームには何か、変なものがいるじゃないですか?または鬼門だとか・・・?」
大家のおじさん達(彼は双子)、最初は笑っていたが、
急に真顔になった。
「何でもない。心配ないから・・・」と言って、
「それより学校は楽しいか?」などと、摂りとめもない話にもっていかれた。

絶対にこれはおかしい。
この家には、何かが憑いている。

数日後、再び大家のところに出かけて行った。
「ココに住み始めてから、変なことばかりが起こっている
ホントは何かあるんでしょ?」

二人は、懸命になって何とか話を変えようとしたが、
あまりにしつこく尋ねるものだから、
大家はついに観念して、まじめな顔で話し始めた。
「実は、君が入ってくる前の、夏の間に、
老夫婦がヨーロッパ旅行してたんだよ。
ところがその旅先で、事故に遭い二人とも亡くなったんだ。
その彼らが、住んでいたのはこの部屋なんだ。
きっと、もとの部屋を見に来たんじゃないかな」

話を聞いた後、気味が悪くなり背筋が寒くなった。
生まれて初めて、幽霊というものを意識したからだ。

その部屋を出ることにした。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
MAIA
性別:
非公開
職業:
エソテリック占星術研究家
趣味:
映画、読書、音楽、創作料理
自己紹介:
以前は音楽家でしたが、西洋占星術と出会って以来、はまっています。
米国占星術協会PMAFA
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(09/02)
(09/03)
(09/04)
(09/05)
(10/06)
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
カウンター
お天気情報
忍者ブログ [PR]