忍者ブログ
怪奇小話★異郷の空
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ミッドナイト

転居してから1ヶ月ほど経ったある土曜日の夕方、学生寮のルームメイトだったKと彼女のボーイフレンドSが突然訪ねてきた。
アラバマ(州)出身の二人は、高校時代に出会ったらしく、とても仲がいい。寮にいたときは、竜巻に遭って怖い思いをしたとか、Redneck(地元の人間以外は受け入れない米南部の白人労働者)から、迫害された体験談をよく聞かされた。

その夜は、当時大流行だったモノポリー・ゲームや他人の噂話を肴にピザとビールで秋の宴を楽しんだ。
しばらくして、Kが「ねぇタロットカードか※ウィジャボードをやろうよ」と言い出した。※西洋版コックリさん。「え~タロットカード?このあいだ、ジプシーに占ってもらったばかりじゃない」
「じゃウィジャボードは?」
「というか、今日は疲れたし、そんな気分じゃないから、やめとく。でも、どうしてもやりたければ、二人でやって」とカードを渡し、インディアンサマーといえども、夜はかなり冷え込むから、キルト(上掛け)をかけて、カウチで横になった。
ラジオ(ラジカセ)をWBUR(ジャズ専門の放送局)に合わせ、とてもリラックスした気分になった。

二人はすでに、興奮してきたらしく、声をはずませて、将来について占いはじめた。
きゃあきゃあと笑ったり騒いだり、とにかくにぎやかだ。
そんな彼らのやりとりを聞いているうちに突然、眠気が襲った。
しかし、来客をさしおいて、自分だけ眠るわけにはいかない。
時計は午前00:00をまわっていた。
目を開けなければ、と暗示をかけながら、眠気との葛藤が始まった。

だが、その努力もむなしく、眠りの状態に入っていった。
ただ、意識ははっきりしているので、二人の姿ははっきり見えるし、声も聞こえる。

そのとき、天井の中心に青白い閃光が放たれた。
そのとたん、体が金縛りにあった。
グワン、グワン、グワン……
モーターのように音がうなりを立てて体内を走る。
音は体内を螺旋状に広がっていくようだった。
またなにかが起きる。
そのとき、おなかのあたりになにか大きな物が落ち、強い衝撃を受けた。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
MAIA
性別:
非公開
職業:
エソテリック占星術研究家
趣味:
映画、読書、音楽、創作料理
自己紹介:
以前は音楽家でしたが、西洋占星術と出会って以来、はまっています。
米国占星術協会PMAFA
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(09/02)
(09/03)
(09/04)
(09/05)
(10/06)
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
カウンター
お天気情報
忍者ブログ [PR]