忍者ブログ
怪奇小話★異郷の空
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



蠍座とハロウィン

蠍座の支配星は火星と冥王星。ナチュラルハウス(ホロスコープ12の境界線)は、※第8室。そして、キイワードは死と再生を繰り返す自然界における「永遠不滅の力」。
 この力(再生)の中心点は;デメテルの娘ペルセフォネーが、水仙の花を摘んでいたところ大地がさけて、冥界の大王ハデスに連れ去られた蠍座の十五度(今年は11/8)。

ペルセフォネーの本来の姿は、やがて芽となって成長する胚芽、そして、ハデスは地下に眠る力である。
※古代ローマでは、新年を3月とし、10ヶ月を1年と定めました。
October Octa-ember ラテン語の8の光(太陽光線)
November Nova-Ember ラテン語の残り火~9の光
December Deca-Ember ギリシャ語で10の光


ハロウィン(Hallowe'en, Samhain, Soween, Sowin, Saven)は、万聖節の前夜祭です。正確には※自然界の新年を祝うケルト農民の行事で、暗い冬の訪れを告げる満月(今年は11/5)から、冬至のクリスマスまで祝います。ちなみにケルトの新年(Samhain)は11/1で、古くは大かがり火(聖火)の中に収穫物や動物を奉納し、気まぐれな自然界の神(八百万の神)を鎮め冬支度に入ります。

ローマがケルトを征服した後、ケルトの伝統SamhainとローマのFeraliaの文化が混和され、800年頃にはローマ教皇Boniface IVが11/1を万聖節に指定。それ以来、10/31日を前夜祭(All hallows Eve)、11/1日を天国の聖人を祭る万聖節(All saint's day)、11/2日を死者の霊魂を祈る万霊節(All soul's day)とし、聖人の姿で街を行進し、水に浮かべたリンゴを口にくわえるゲームをして祝います。


※ハロウィン満月~下弦の半月にかけては万物(自然界)の神々を吸い込む、渦動の力が強まります。そして、神々が留守になると、あらゆる悪霊や死人の魂が横行闊歩します。

下弦の半月(今年は11/13日)には、三叉路の女神「ヘカテ」があらわれて旅人が夜の十字路や三叉路で迷わないように月明かりで道案内をしてくれます。何だか村人や旅人の安全を守る日本の「道祖神」と似ていますね。占星術ではこの松明(月明かり)を「知恵」として解釈を加えてます。人々の道理が失われて先行きが暗いときに、松明(先見の明かり)を灯せば不安や迷いから救われるからです。

※ハロウィンと月の位相(10月末~11月)
生贄の月→収穫の月→狂気の月→哀悼の月→霧の月→ビーバーの月(満月)、嵐の月

草木がすっかり枯ればむ陰暦の10月は、国中の神々が出雲に集まる「神無月」。そして、自然界・地上に活気がなくなる11月は、草木が霜枯れする「霜月」が、日本のハロウィンか?





PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
MAIA
性別:
非公開
職業:
エソテリック占星術研究家
趣味:
映画、読書、音楽、創作料理
自己紹介:
以前は音楽家でしたが、西洋占星術と出会って以来、はまっています。
米国占星術協会PMAFA
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(09/02)
(09/03)
(09/04)
(09/05)
(10/06)
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
カウンター
お天気情報
忍者ブログ [PR]